fukuokadays’s blog

福岡情報のご紹介。福岡の歴史・グルメ・イベント・観光・ビジネス・暮らし・子育て・デート・趣味・健康を伝えるページです。 時に、人や福岡に関わる物事にもフォーカスします。株式会社くじらが運営しています。

20210415152350

福岡デイズは、株式会社くじらが運営しています。

福岡デイズmap

中国人中華料理『福泉餃子』

福岡デイズ、糸島エリア「非おしゃれ」部門担当、
ゴーシ先生です。

 

先に紹介したように、
糸島には、
中国人がオーナーやシェフを務める
中国人中華料理店
が増えているような気がします。

fukuokadays.hatenablog.com

 

『もしかしたら、
 中国人中華料理店のネットワークがあり、
 ノウハウや資金を融通しあっているのかも』
…なんて妄想し始めたら、
確かめたくなりました(笑)。

 

 

福岡市西区周船寺にある
『福泉餃子』
にお伺いしました。

 

以前は、古くて派手な店構えで
なかなか入りづらかったのですが…

 

f:id:fukuokadays:20201222153519j:plain

 

最近、3階建ての新店舗で復活しました。

 

f:id:fukuokadays:20201222153538j:plain


駐車場は、店の前に4台分ありますが、
交通量の多い国道202号線に面していて
駐車するのが非常に難しい。。。

 

道を隔てた反対側に
『漁師小屋』
という飲食店があり、
その裏に6台分の駐車場があり、
そこを利用することをオススメします。

 

メニューが豊富で、とにかくボリューム満点。

f:id:fukuokadays:20201222153618j:plain

 

例えば、ランチメニュー(680円)は、
一品料理に、
日替わり揚げ物、漬物、サラダ、ライス、スープ
が付いてきます。
一品料理は、

  • 若鶏の唐揚げ
  • 麻婆豆腐
  • 自家製手作り餃子
  • 水餃子
  • 油淋鶏
  • 鶏肉マヨネーズ
  • ニラレバ
  • 回鍋肉
  • 鶏肉の辛子炒め
  • 酢豚
  • 黒酢
  • 鶏肉の黒胡椒炒め

から選べます。

f:id:fukuokadays:20201222153725j:plain

 

セットメニューは、
麺類(醤油ラーメン、台湾ラーメン、豚骨ラーメン、台湾豚骨ラーメン、味噌ラーメン、台湾味噌ラーメン、激辛台湾ラーメン)と、
飯類(炒飯、レタス炒飯、四川炒飯、麻婆飯、中華飯、天津飯、回鍋肉飯)
を組み合わせて800円です。

f:id:fukuokadays:20201222153801j:plain

 

前回、お伺いしたときは、
看板である自家製手作り餃子のランチを注文。
パリパリの羽つき、中身はジューシーな餃子。

福岡在住歴の長いあるイギリスの方が
「福岡で一番美味しい餃子」
と言ったとのこと。

f:id:fukuokadays:20201222153859j:plain

それにしてもボリューミーで食べれないほど。

 

今回は、
激辛台湾ラーメン
を単品で注文。

醤油ベースのスープにラー油。
具は、ニラ、ネギ、謎肉等。

さすが、中国人中華なので、本格的。
鷹の爪が容赦なく入っていますが、
激辛すぎて食べれないというほどではありません。

 

ちなみに店員さんも全員中国人。

 

 

さて、問題は、
「中国人中華料理店のネットワーク」
があるのかどうか。

 

支払いの際に、店員さんに
「九大に行く途中の右側にできた、
 『香香』と関係があるのですか?」
と聞いたところ、
「全く関係ないです」とのこと。

 

早良区重留にある福泉餃子の姉妹店とのことでした。

 

なお、後で調べて分かったのですが、
この店のお客さん推しメニューは
「牛すじあんかけメシ」
だそうです。

 

ライターNo.1 ゴーシ先生 *+*+*+*+*+*+*+*+*+*++*+*+*+

佐藤剛史 Goshi SATO
作家。食育研究家。
九州大学大学院農学研究院助教
1973年、大分県生まれ。農学博士。
年間の講演回数は100回を超える。
主宰する、社会人向け学びの場『大人塾』は
福岡市、北九州市熊本市
佐賀市糸島市長崎市大阪市で開講され
これまでにのべ3000人が受講。
主な著書に
『ここ-食卓から始まる生教育-』(西日本新聞社
『いのちをいただく』(西日本新聞社
『すごい弁当力!』(PHP
『食卓の力』(現代書林)など、いずれもベストセラー。
新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数。
TNCももち浜ストア 夕方版』レギュラー・コメンテーター。 
http://goshisato1973.com