fukuokadays’s blog

福岡情報のご紹介。福岡の歴史・グルメ・イベント・観光・ビジネス・暮らし・子育て・デート・趣味・健康を伝えるページです。 時に、人や福岡に関わる物事にもフォーカスします。

福岡デイズ

コスパ最高の工場直送辛子明太子『やますえ』

福岡デイズ、糸島エリア「非おしゃれ」部門担当、
ゴーシ先生です。

 

前原ICを降りて、車を走らせていたら、
幟を全力で振って呼び込みしていて、
つい、フラフラと立ち寄ってしまいました。
『やますえ』。

f:id:fukuokadays:20201228194835j:plain


糸島の明太子屋さんです。


 ゴーシ先生は、
基本、魚介類は糸島でとれたものしか食べません。
鮭とか食べません。
マグロも食べません。
究極の地産地消
明太子の原料であるタラは糸島でとれません。
だから、やますえさんには全く興味がなかったのです。

 

しかし、
社長の馬場さんは、
「食taku市」を主催したり、
『志摩の海鮮丼屋』の馬淵くんの
「地魚BANK」を応援してくれたりと、
糸島を盛り上げる熱意が
バンバン伝わってきます。

 

 

そんなこともあって、
いい機会だからとフラフラと
立ち寄ってしまいました。

 

やますえが、明太子の味付けに用いるのは、
白糸酒造の清酒と叶醤油の醤油。
すばらしい。
是非、HPを覗いてみてください。

www.yamasue.ne.jp

 


店内には、買ってみたい調味料や食材がズラリ。
商品開発力、すごいです。

f:id:fukuokadays:20201228194935j:plain

f:id:fukuokadays:20201228194947j:plain

f:id:fukuokadays:20201228195012j:plain

 

工場見学もできます。

f:id:fukuokadays:20201228195037j:plain

 

やっぱり、最終的なお目当ては明太子。
「すえっ子」は家庭用の切れ子なんだけど、
超高品質。
1000円でこの量。

f:id:fukuokadays:20201228195103j:plain

 

しかし、オススメは
「工場出来たて辛子明太子」。

f:id:fukuokadays:20201228195135j:plain

前述の「すえっ子」は冷凍します。
だから、ちょっと食感が落ちるらしいです。


「工場出来たて辛子明太子」はスゴイ。
旨み、辛さが上品でちょうどいいし、
食感、生感がすごいです。
なにより、1452円でこの量。

コスパ、最高。

f:id:fukuokadays:20201228195149j:plain

 

店員さんの接客も完璧。 

 

この日は、年末セールで、
テントでいろんなものが売られていました。
北海道産の冷凍カニとか。
お仕事、ご商売なので理解はできます。
しかし、個人的には、
もっと糸島のものを売って欲しい(笑)。

そして、こうやっていろいろ言いながらも、
社長と飲んだたら、一瞬で意気投合するんだろうな。

 

ライターNo.1 ゴーシ先生 *+*+*+*+*+*+*+*+*+*++*+*+*+

佐藤剛史 Goshi SATO
作家。食育研究家。
九州大学大学院農学研究院助教
1973年、大分県生まれ。農学博士。
年間の講演回数は100回を超える。
主宰する、社会人向け学びの場『大人塾』は
福岡市、北九州市熊本市
佐賀市糸島市長崎市大阪市で開講され
これまでにのべ3000人が受講。
主な著書に
『ここ-食卓から始まる生教育-』(西日本新聞社
『いのちをいただく』(西日本新聞社
『すごい弁当力!』(PHP
『食卓の力』(現代書林)など、いずれもベストセラー。
新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数。
TNCももち浜ストア 夕方版』レギュラー・コメンテーター。 
http://goshisato1973.com