fukuokadays’s blog

福岡情報のご紹介。福岡の歴史・グルメ・イベント・観光・ビジネス・暮らし・子育て・デート・趣味・健康を伝えるページです。 時に、人や福岡に関わる物事にもフォーカスします。

福岡デイズ

料理の鉄人の担々麺が食べれる!『こうよう』

福岡デイズ、糸島エリア「非おしゃれ」部門担当、
ゴーシ先生です。

 

読者の方より
「『こうよう』の担々麺が美味しい!
 是非、行ってみてください!!」
との情報をいただき
素直なゴーシ先生は、
すぐに行きました(笑)。

 

f:id:fukuokadays:20210119134812j:plain

なお、駐車場はありませんが
近くのセイワパーキングに停めると
30分無料サービス券がもらえます。

ネット情報によると
オーナーシェフ
博多の『四川飯店』から独立されたようです。

ちなみに『四川飯店』は
あの料理の鉄人陳建一さんのお店です。

陳建一さんのお父様が
四川料理の第一人者である陳建民さん。
四川料理を、日本の味覚に合わせて
アレンジしました。

例えば…

・回鍋肉にキャベツを入れる。
・担担麺にスープがある。
・エビチリの調味にケチャップを使う。

等々。

それが、中華料理、特に四川料理の普及に
大きな役割を果たしたと言われています。

 

f:id:fukuokadays:20210119134822j:plain

www.ko-cho.com

 

ということで、
陳建一さんの元で修行した
と言っても過言ではありません。

 

メニューはこんな感じ↓

f:id:fukuokadays:20210119135144j:plain

 

当然、担々麺を食べなければでしょう!

辛さは
激辛、大辛、中辛、小辛、辛さなし
から選べます。

 

f:id:fukuokadays:20210119134851j:plain

 

一口食べると、思ったより
唐辛子辛くなく
むしろ塩味が効いている感じ。

 

それ以上に、
胡麻のコクと香り。

スープにとろみがつくほどの
濃厚な胡麻のペーストが使われています。

 

麺は少し柔らかめ。

 

辛い物好きのゴーシ先生にとっては
大辛でも、
全然辛くなかったです。

 

 一気に食べてしまいました。
美味しかったです。 

 

 

 

ライターNo.1 ゴーシ先生 *+*+*+*+*+*+*+*+*+*++*+*+*+

佐藤剛史 Goshi SATO
作家。食育研究家。
九州大学大学院農学研究院助教

1973年、大分県生まれ。農学博士。
年間の講演回数は100回を超える。
主宰する、社会人向け学びの場『大人塾』は
福岡市、北九州市熊本市
佐賀市糸島市長崎市大阪市で開講され
これまでにのべ3000人が受講。
主な著書に
『ここ-食卓から始まる生教育-』(西日本新聞社
『いのちをいただく』(西日本新聞社
『すごい弁当力!』(PHP
『食卓の力』(現代書林)など、いずれもベストセラー。
新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数。
TNCももち浜ストア 夕方版』レギュラー・コメンテーター。 
http://goshisato1973.com