fukuokadays’s blog

福岡情報のご紹介。福岡の歴史・グルメ・イベント・観光・ビジネス・暮らし・子育て・デート・趣味・健康を伝えるページです。 時に、人や福岡に関わる物事にもフォーカスします。株式会社くじらが運営しています。

20210415152350

福岡デイズは、株式会社くじらが運営しています。

100年前の景勝地『箱島』

糸島の
国道202号線を前原から二丈方面に走っていると
加布里を抜けたところに
すごく気になるスポットがあります。

 

f:id:fukuokadays:20210421193022j:plain
google ストリートビューより)

 

『箱島』です。

 

糸島に住んで13年。
気になってはいたのですが
このあたりは駐車禁止なので
車を停めて立ち寄るということができないのです。

 

意を決して箱島へ。

f:id:fukuokadays:20210421193301j:plain

f:id:fukuokadays:20210421193305j:plain

f:id:fukuokadays:20210421193309j:plain

f:id:fukuokadays:20210421193324j:plain

f:id:fukuokadays:20210421193341j:plain

祭神

・塞坐三柱大神
・西宮大明神
愛染明王(あいぜんみょうおう)

箱島神社は耳の神様としても信仰され、
奉納されている火吹き竹で耳を吹けば
耳の病が治癒すると言い伝えられています。
(火吹き竹とは、火を起こす時に空気を吹き込む竹筒。
 昔は台所の竈や風呂を焚く時に使用した生活必需品)

 

f:id:fukuokadays:20210421194043j:plain

f:id:fukuokadays:20210421194117j:plain

 

行ってみると
岩でできた小さな島の上に
小さな小さな神社があるだけなんだけど
とっても美しいです。

f:id:fukuokadays:20210421194540j:plain

 

箱島から見る可也山

 

f:id:fukuokadays:20210421194055j:plain

 

この箱島。
100年前は景勝地として
賑わっていたらしい(驚)。

f:id:fukuokadays:20210421194629j:plain

 

祀られている愛染明王って。

愛染明王信仰は
「恋愛・縁結び・家庭円満」などをつかさどる仏として
古くから行われており、
また「愛染=藍染」と解釈し、
染物・織物職人の守護仏としても信仰されている。
さらに愛欲を否定しないことから、
古くは遊女、現在では水商売の女性の信仰対象にもなっている。

 

ということで、最近でも
箱島には恋愛成就のパワースポットになっているようです。

 

youtu.be

 

ただし、くれぐれも
一帯は駐車禁止です。 

加布里公園に駐車場が一番近いかな? 

 

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)