fukuokadays’s blog

福岡情報のご紹介。福岡の歴史・グルメ・イベント・観光・ビジネス・暮らし・子育て・デート・趣味・健康を伝えるページです。 時に、人や福岡に関わる物事にもフォーカスします。株式会社くじらが運営しています。

20210415152350

福岡デイズは、株式会社くじらが運営しています。

揚げたての野菜天が絶品!『ひなたうどん』

福岡デイズ、糸島エリア「非おしゃれ」部門担当、
ゴーシ先生です。

 

と言いながら
一昨日、超おしゃれな
『生之松原測候所』
を紹介してしまい
こんなことじゃいかんと
気を引き締めたゴーシ先生です。

 

糸島市(旧前原市、旧志摩町、旧二丈町
は、直売所が盛んで
でき始めたのが昭和60年代。
その第一号が
椚(くぬぎ)という地区にある
「くぬぎ野菜グループ即売会」
でした。
また、
「椚みかんオーナー園」があったり
農業や、生産者と消費者との交流が
さかんな地域で
ゴーシ先生も大学院生の頃から
(20年以上前)
よく足を運んでいました。

 

しかし、そこに
こんなうどん屋さんがあるなんて
最近まで知りませんでした。

 

『ひなたうどん』

f:id:fukuokadays:20210201141537j:plain

 

場所は
県道49号線(二丈大野城線)日向峠の
糸島側。
とわかっていても
農家や納屋と見間違え
通り過ぎてしまうほどです。

 

店内はこんな感じ。
もう、まさに田舎のうどん屋さん。

 

f:id:fukuokadays:20210201141842j:plain

 

一番人気の「野菜天うどん」を注文。

勝手に「野菜のかき揚げ」をイメージしていました。
ちなみに、『牧のうどん』だとコレ↓

f:id:fukuokadays:20210201143242j:plain

 

『ひなたうどん』さんでは
かき揚げではありません。


目の前で、一つ一つ
新鮮な野菜を丁寧に揚げてくれます。

その量がものスゴイ。

それを、
湯がかれた麺の上に
(麺が見えなくなるほど)
盛り付け
出汁を、その上から注ぎ…

 

f:id:fukuokadays:20210201142528j:plain

 

って、野菜天
別皿で食べたいっっっっっ!

 

少し細麺で柔らかツルツル
出汁は上品…
という感想が飛んでしまうほど
サクサクで
野菜の甘味が引き出された
野菜の天ぷらが美味しすぎ。

 

これで580円です。

 

面白いのが
カウンターの各席に
山菜めし(おにぎり)が
デフォルトで一つ一つおかれていて
「食べること」
という無言の圧力。

 

f:id:fukuokadays:20210201143616j:plain

 

少食なので、今回は食べませんでしたが。
それにしても
メニューを見ると
「ちょろちょろうどん」
とか
「ふさふさうどん」
とかあって、
どんなうどんが出てくるか
予想もできません。

 

お客さん連れて行っても
喜ばれるはず。
また、お伺いします。

 

 

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

 

ライターNo.1 ゴーシ先生 *+*+*+*+*+*+*+*+*+*++*+*+*+

佐藤剛史 Goshi SATO
作家。食育研究家。
九州大学大学院農学研究院助教
1973年、大分県生まれ。農学博士。
年間の講演回数は100回を超える。
主宰する、社会人向け学びの場『大人塾』は
福岡市、北九州市熊本市
佐賀市糸島市長崎市大阪市で開講され
これまでにのべ3000人が受講。
主な著書に
『ここ-食卓から始まる生教育-』(西日本新聞社
『いのちをいただく』(西日本新聞社
『すごい弁当力!』(PHP
『食卓の力』(現代書林)など、いずれもベストセラー。
新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数。
TNCももち浜ストア 夕方版』レギュラー・コメンテーター。 
http://goshisato1973.com