fukuokadays’s blog

福岡情報のご紹介。福岡の歴史・グルメ・イベント・観光・ビジネス・暮らし・子育て・デート・趣味・健康を伝えるページです。 時に、人や福岡に関わる物事にもフォーカスします。

福岡デイズ

超レア『加布里の天然ハマグリ』

福岡デイズ、糸島エリア「非おしゃれ」部門担当、
ゴーシ先生です。

 

冬の糸島といえば
牡蠣・牡蠣小屋。

 

しかし、それ以上に
オススメしたいのが
加布里の『天然はまぐり』。

現在、日本で流通しているハマグリの9割は
中国や韓国から輸入されたシナハマグリ。

加布里でとれるハマグリは、
日本特産の固有種です。

 

実は、1970年後半から、
乱獲などによる個体数が激減し、
休漁が長く続きました。

1997年に発足された
糸島漁協加布里支所「ハマグリ会」は、
漁期、漁獲量、大きさの規定を決めることで、
数少ない天然蛤が育つ環境を作り上げてきました。

その結果、2011年、
全国豊かな海づくり大会の資源管理部門で
農林水産大臣賞が授与されました。

最近では、

  • 殻長50㍉未満のハマグリは採っても再放流(県規則は40㍉未満)
  • 採取は1人1日10㌔まで
  • 1㌔当たり単価は1998年の千円に対して2017年は2000円に。

2017年、「加布里はまぐり漁業」は、
水産資源の持続的利用を進める国際ガイドラインに基づく
「マリン・エコラベル・ジャパン」
に認証されました。

 

つまり、
天然ハマグリを食べることができる
数少ない地域が加布里なのです。

 

で、どこで買えるかと言うと
糸島漁協加布里支所。

 

行ってみると
幟も立っていない
超地味。
商売っ気ゼロ。

 

まじ、入りづらい。。。

f:id:fukuokadays:20210212173610j:plain

 

勇気を出して入ると
天然ハマグリの幟がドーン。

 

f:id:fukuokadays:20210212173618j:plain

 

おそるおそる
「ハマグリ売ってますか?」
と聞くと
「売ってますが、今日は品切れなんですよ~」
「次、はいるのは、○曜日です」
みたいな。

こうして
2回フラレました。

 

さすがレア物。。。

 

で、3度目にして
「ありますよ~」

 

案内されると
天然ハマグリ!

 

f:id:fukuokadays:20210213060759j:plain

 

特大、大、中、小
どのサイズがいいですか?
と聞かれ
「…あ、じゃ、大で」

2100円になります!

 

そう、販売はキロ単位です。

結局、「大」は売り切れで
中の1900円を購入しましたが…


言っておきます。

 

中で十分!
めっちゃデカイです。

 

1kg1900円で
数えてみたら23個入っていました。
1個で考えると
そんなに高くない。

 

この日は
(汁を逃さないように)
ホイルでくるんで
酒蒸しに。

 

f:id:fukuokadays:20210212181011j:plain

 

身が大きくて
プリップリ。
旨味爆発。

 

f:id:fukuokadays:20210212181018j:plain

 

子どもたちも
大喜びでした。

 

食べたい!
という方はコチラ↓f:id:fukuokadays:20210212173613j:plain

  

 

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

 

ライターNo.1 ゴーシ先生 *+*+*+*+*+*+*+*+*+*++*+*+*+

佐藤剛史 Goshi SATO
作家。食育研究家。
九州大学大学院農学研究院助教
1973年、大分県生まれ。農学博士。
年間の講演回数は100回を超える。
主宰する、社会人向け学びの場『大人塾』は
福岡市、北九州市熊本市
佐賀市糸島市長崎市大阪市で開講され
これまでにのべ3000人が受講。
主な著書に
『ここ-食卓から始まる生教育-』(西日本新聞社
『いのちをいただく』(西日本新聞社
『すごい弁当力!』(PHP
『食卓の力』(現代書林)など、いずれもベストセラー。
新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数。
TNCももち浜ストア 夕方版』レギュラー・コメンテーター。 
http://goshisato1973.com