fukuokadays’s blog

福岡情報のご紹介。福岡の歴史・グルメ・イベント・観光・ビジネス・暮らし・子育て・デート・趣味・健康を伝えるページです。 時に、人や福岡に関わる物事にもフォーカスします。株式会社くじらが運営しています。

20210415152350

福岡デイズは、株式会社くじらが運営しています。

少し甘めでクリーミーな、スパイシー・インドカレー『サプナ』

福岡デイズ、糸島エリア「非おしゃれ」部門担当、
ゴーシ先生です。

 

今回は、福岡市西区今宿の…
というと、
「ゴーシ先生は糸島エリア担当じゃないの!?」
と指摘されそうですが、
福岡市西部六校区
(今宿・玄洋・周船寺・元岡・今津・北崎)は、
もともと、糸島郡だったのですが、
1941年に今宿村、1942年に今津村、
1961年に北崎村・元岡村・周船寺村
福岡市に編入されました。


だから、今宿も糸島エリアなのです。

 

改めまして、
今回は、福岡市西区今宿の
インド料理専門店『サプナ』
をご紹介します。

f:id:fukuokadays:20201215132244j:plain

www.sapuna.jp

 

糸島エリア202号線沿いには、
いくつかインドカレー屋さんがありますが、
ゴーシ先生は、サプナのカレーが一番好きです。

 

今回はサプナランチ(990円)を注文しました。

f:id:fukuokadays:20201215132358j:plain

カレーは、

  • ベジタブルカレー
  • チキンカレー
  • シュリンプカレー(海老カレー)
  • キーマエッグカレー(挽き肉ゆで卵カレー)
  • ダルカレー(豆カレー)

から選べます。

辛さも、

  • お子様用甘口
  • 甘口(0~1倍)
  • 中辛(2~4倍)
  • 辛口(5~9倍)
  • 激辛(10~50倍)

を指定できます。

これに、

  • サダナン(プレーンのナン)
  • パパッド(豆の粉で作ったインド風薄焼きせんべい)

f:id:fukuokadays:20201215132521j:plain

  • ミニサラダ

f:id:fukuokadays:20201215132547j:plain

  • マライティッカ(タンドリーチキン)

f:id:fukuokadays:20201215132618j:plain

  • ドリンク(ラッシーorウーロン茶orコーヒー)がついていきます。

辛いものが大好きなゴーシ先生は、
シュリンプカレーの10辛をチョイス。

 

サプナのカレーは、
当然、スパイシーなのですが、
他店にくらべて、少し甘みが強く
クリーミーなのが特徴です。

 

だから、食べやすいのですが、
当然、10辛なので、
辛味が後からやってきて、
口の中が火事になりました。

 

f:id:fukuokadays:20201215132732j:plain

 


ただ、
チャツネ
(インドの漬物、パパッドやマライティッカをつけて食べる)や
ミニサラダ(よく冷えている)のドレッシングも
甘みが効いていて美味しく、
口の中がリセットされます。

 

今では珍しくありませんが、
ナンはおかわり自由です。
ナンはご飯に替えることもできます。

 

カレーもボリュームがあり、
ナン一枚では余るほど。

 

ただ、基本的に少食のゴーシ先生は
ナン一枚で十分でした。

 

f:id:fukuokadays:20201215132845j:plain

 

202号線沿いには、
いくつかインドカレー屋さんがありますが、
インドカレーが食べたくなったら、
やっぱりサプナに足を運んでしまいます。

 

ちなみに、シェフは、ネパール人です。
というと、「え?…」と思ってしまいますが、
日本人シェフのフレンチやイタリアンと思えば、
全然、アリです。

 

 

 

ライターNo.1 ゴーシ先生 *+*+*+*+*+*+*+*+*+*++*+*+*+

佐藤剛史 Goshi SATO
作家。食育研究家。
九州大学大学院農学研究院助教
1973年、大分県生まれ。農学博士。
年間の講演回数は100回を超える。
主宰する、社会人向け学びの場『大人塾』は
福岡市、北九州市熊本市
佐賀市糸島市長崎市大阪市で開講され
これまでにのべ3000人が受講。
主な著書に
『ここ-食卓から始まる生教育-』(西日本新聞社
『いのちをいただく』(西日本新聞社
『すごい弁当力!』(PHP
『食卓の力』(現代書林)など、いずれもベストセラー。
新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数。
TNCももち浜ストア 夕方版』レギュラー・コメンテーター。 
http://goshisato1973.com